「From Ph.由紀」は、Ph.由紀が日々思ったこと、感じたことをカキコしていくコーナーです。
なるべく毎日カキコしますが、たまにさぼります。
薬に関係あることもないこともグチも書きます。
楽しく読んで下さいね。


タイトル:咳止めでもコデイン中毒に!びっくり。 カキコミ日付:6月18日 (No.236)


咳止め程度の低用量でもコデイン中毒になりうることがあるんだって。びっくり。その理由についての研究発表されたよ。発表したのは、ジュネーブ大学病院外科・集中治療部のYvan Gasche先生たちです。どうやら薬物代謝酵素のチトクロムP450(CYP)2D6によるコデインの超迅速代謝が中毒に関与しているみたい。コデインはCYP2D6によって代謝されモルヒネになるんだけど、その人の持つ遺伝子型によって超迅速代謝が起きることがあります。すごいスピードでどんどんモルヒネができちゃうということね。中毒の起きた症例では、コデイン最終投与12時間後の血中モルヒネ濃度は健常者の20〜80倍!!。そりゃあ、オピオイド中毒が発現して昏睡と呼吸抑制が生じるわけだ。
関心のある方はこちらへどうぞ。
New England Journal of Medicine(2004; 351: 2827-2831)